人にやさしい木の家

調湿作用

ジメジメした空間では湿気を吸収し、乾燥している時には水分を放出し快適に保ちます。

断熱性

木材は熱が伝わりにくい特徴があるため、夏は涼しく、冬は暖かい空間を生み出します。

衝撃安全性

素材の軟らかさと適度なたわみで衝撃を吸収・緩和するため、日常生活での足・膝・腰への負担が少なくなります。

音を吸収

木材には、目には見えないミクロの孔があり、音を適度に吸収するため、静かで落ち着いた環境づくりに効果的です。

ダニ抑制

気管支喘息やアトピー性皮膚炎の原因とされるダニ。その繁殖を防ぐのが木の香り成分。抗菌作用も期待できます。

ヒーリング効果

木の香り成分により、森を散策したようなヒーリング効果が得られ、睡眠の質も安定すると言われています。

目に優しい

紫外線を吸収し、光を和らげるので目への負担を減少させます。また、天然の模様が生み出す木肌が美しく飽きがきません。

健康促進効果

木の香りには、血圧を低下させるなど体をリラックスさせる効果があると言われています。

木造建築の性能

適温適湿
調湿機能を持つ木材を活用した住宅は、湿気の多い日本の気候にも合っています。
また、高い断熱性で、季節ごとの気温の変化にも柔軟に対応します。
結露を防ぐ
結露は空気中の水蒸気が水滴になる現象です。湿度を適度に保ち、断熱性の高い木材を内装に取り入れることで、結露防止にも効果を発揮します。
耐火性と強度
表面が焦げ、炭化層ができることで、内部まで火が進行しにくい木材。万一の火災でも強度を維持し、建物全体が崩れる危険性を回避できます。
詳しいお問い合わせ

岩手県農林水産部林業振興課

〒020-8570 
岩手県盛岡市内丸10-1(県庁6F)
TEL 019-629-5772
※受付時間/平日9~12時、13~17時